伝統工芸士 加藤さんの日記

関東ブロック伝統的工芸品展

12月19日から21日の3日間、東京都文京区の文京シビックセンターで開催されました。

関東ブロック伝統的工芸品展2014 真壁石燈籠 も出展しました。

201514205830.JPG 201514205948.JPG

この、シビックセンターは、文京区役所やコンサートホールなどがある東京ドームシティの向かいに建つ高層ビルです。

その中の1階のギャラリーで開催しましたので、スペースが狭くて燈籠の展示には難しい場所でした。

201514211337.JPG 201514211659.JPG

201514211923.JPG 201514212510.JPG

真壁石燈籠の小間は、写真でも分かる様に一番見付けの良い所に貰えました

201514213428.JPG 201514213918.JPG

201514214134.JPG 201514214229.JPG

この頃、展示スペースが限られている事が有り本来の石燈籠よりどうしても小さな製品を飾る事が多くなってきました、ちょっと残念です。

最後の右の写真は、南木曽ろくろ細工の小椋さんの作品の木製スピーカーです。

 

 

真壁も初雪

今年の冬は、例年になく雪の降り始めが早いようで 日本列島に寒波が来て、各地では大雪の被害が出ている所も有ります。

 

12月16日 真壁でも初雪が降りました。

20151483414.JPG

20151483447.JPG

茨城の真壁あたりでは、雪の被害はあまり無く雪景色を楽しんでいたりしていますが

豪雪の被害が出ている地域の皆様には、お見舞い申しあげます。

 

 

真壁小学校 職業フォーラム授業

平成26年11月14日 真壁小学校で毎年行われている、

「職業フォーラム授業」の講師に招かれました。

この授業は、小学校の児童が地域の職業に携わっている人から話を聞いたり体験をしてみようと言う取り組みです。

児童達が主体となって、講師の依頼から色々段取りをしているそうです。

20151463616.JPG 20151463719.JPG

講師の方々も、和菓子屋さん、大工さん、梵鐘製作や石屋等の職人から自衛隊、警察官、銀行員、声優から二輪レーサー他、多方面から約20の職種の皆さんが参加していました。 

20151465929.JPG 2015147012.JPG

石燈籠製作の教室は、石を実際に叩いて貰うので屋外です。

2015147617.JPG 2015147719.JPG

201514794.JPG 20151471044.JPG

今回は、真壁石材協同組合の協力で真壁石のパンフレットも参加者に配布出来たので分かりやすく授業が出来ました。

子供たちに将来、もの造りの楽しさを伝えられれば、職業の選択肢も増えると思いますので、どんどんこのような取り組みには参加したいものです。

20151471932.JPG 20151472023.JPG

20151472121.JPG 20151472155.JPG

20151472323.JPG 2015147247.JPG

 

 

 

 

 

 

 

いばらきストーンフェスティバル2014

10月31日と11月1日・2日、笠間芸術の森公園イベント広場で

毎年恒例の、いばらきストーンフェスティバル2014が開催されました。(10月31日は、業者の内覧会でした)

201513144941.JPG 201513145050.JPG

201513145329.JPG 201513145413.JPG

今年も、いばらきを食べよう!収穫祭との同時開催で、沢山のお客さんが来場になりました。

加藤石材も、例年通りに出展しました。

201513145842.JPG

201513145942.JPG 20151315034.JPG

色々な催しも行われて、石匠実演をさせて貰ったり、体験コーナーでは大震災被災地の南三陸に有ります奇跡の一本松に設置することになりました、モニュメントの作成等が有りました。

20151315957.JPG 201513151046.JPG

201513151255.JPG 201513151334.JPG

このように、いばらきの石材の素晴らしさを継続して発信していければ良いと思っています。

 

 

「いばらきの手しごと展」

10月11日~13日の3日間 ジョイフル本田ニューポートひたちなか店で開催した

「いばらきの手しごと展」真壁石燈籠伝統工芸士会も出展しました。

2014102853545.JPG 2014102853628.JPG

右側の麦わら帽子を被っている人は、同じ真壁から出展した小田部梵鐘の小田部さんです。雰囲気ありますね。

2014102853848.JPG

2014102854522.JPG 2014102854639.JPG

国指定の伝統的工芸品、真壁石燈籠・結城紬・笠間焼の他、茨城県郷土工芸品の職人さん達が一同に会して開催されました。

2014102855422.JPG 2014102855536.JPG

201410285576.JPG 2014102855812.JPG

あいにくとこの3連休は、特に最終日の日曜日は、台風19号が接近中との事で何かと心配をしていましたが、無事何事もなく終わりました。

このジョイフル本田ひたちなか店での「手しごと展」は今年からの開催ですが、これから毎年続けていく予定との事です、

 

 

ジュニア技能インターンシップ事業の講師

茨城県職業能力開発協会と真壁高校からジュニア技能インターンシップ事業と言う事業の講師の依頼が真壁石燈籠伝統工芸士会に有りました。

この事業は、若年期における職業意識の涵養(かんよう)や知識・技能の習得機会の確保、ものづくり産業への就職意識付けを目的とした事業との事です。

講師に、前工芸士会会長の小原さん・現会長の根本さんと副会長の私、加藤の三名で10月9日・10日の2日間、伝統工芸品真壁石燈籠の製作・指導に当たる事となりました

対象の生徒さんは、真壁高校環境緑地科の一年生の三名です、この三名は自ら応募したそうです。

20141017202250.JPG

本来は、生徒一名に講師一名のマンツーマンで各講師の工場で行う予定でしたが、今回は小原さんの工場をお借りして三名を一緒に指導する事になりました。

まず、手作業で火袋のビシャンがけから始め火口の加工と言う工程で進んだのですが、午前中一杯ビシャンがけでしたので、生徒達にはかなりハードな作業だったと思います。

20141017204211.JPG 20141017204313.JPG

20141017204725.JPG 20141017204849.JPG

三名とも石を扱うのも、道具を使うのも初めてという事でしたので、御影石ではとても加工は無理ですので軟石(白河石)を使用して四角の置燈籠(茶屋形)を製作しました。

高校の環境緑地科でも石材加工の授業ではこの石を使用しています。

2014101720581.JPG

20141017205925.JPG 2014101721150.JPG

手作業の加工を体験して貰った後は、エアー工具を使った加工で進めて行き、笠の加工で完成です。

20141017211530.JPG 2014101721179.JPG

20141017211942.JPG 20141017212111.JPG

20141017212612.JPG 20141017212723.JPG

今回の事業で、生徒達も手作業の大変さや難しさ、完成した時の達成感など良い経験になったと思いますので、これを機に将来石材業に就いてくれればと願っています。

完成した燈籠は、軟石と言えども100年位もつものですからから大切にして貰いたいものです

このような取り組みには、出来る限り協力させて貰って石の魅力を伝えていければ後継者の育成にも繋がると思っています。

 

20141017212354.JPG

 

 

 

 

 

世界最大級の旅の祭典 「ツーリズムEXPOジャパン」

9月26日~28日 東京ビックサイトで開催されました

「ツーリズムEXPOジャパン」に、伝統的工芸品産業振興協会(伝産協会)のブースに真壁石燈籠も出展しました。

2014105104246.JPG 2014105105334.JPG

このイベントは、東京ビックサイト東棟をジャンルに区切って行われ我々の伝統工芸品産業は、もちろん日本をPRする東3棟の中のブースでした。

2014105105047.JPG 2014105105129.JPG 201410510529.JPG

2014105105624.JPG 201410510571.JPG 2014105105746.JPG

ここのエリアは、各都道府県や地域・企業等が各自趣向を凝らした展示をしていました。

201410511554.JPG 201410511651.JPG

201410511855.JPG 201410511956.JPG

201410511113.JPG 2014105111228.JPG

上の写真はごく一部のものです、他にも素晴らしい展示ブースばかりで圧倒されてしまいました。

伝産協会のブースはそれに比べるといささか地味目でしたが、日本の伝統工芸の宣伝にはかえって落ち着いた雰囲気でお客さんに見て貰えたのかなと思います。

201410511255.JPG 201410511262.JPG

うっかりしていて全体の写真は、搬入時のものしか撮ってなくてすいません、真壁ブースでは、ノミ切りの実演もしました。

2014105112819.JPG 2014105112952.JPG

2014105113453.JPG 2014105113534.JPG

201410511393.JPG 201410511401.JPG

多分、東京ビックサイトで石のノミ切をしたのは、初めてではないでしょうか? 

沢山のお客さんに石を叩く姿と、ノミ音を聞いて貰えて手作業での石の加工の大変さと面白さを少しでもPR出来きたかなと思っています。

2014105114751.JPG 2014105114833.JPG 2014105114912.JPG

2014105115255.JPG 2014105115345.JPG 2014105115434.JPG

2014105115527.JPG 2014105115631.JPG 2014105115726.JPG

 

 

 

 

真壁小学校 職業探検隊

8月6日、真壁小学校の児童6名がこの日の気温35℃の猛暑の中、自分たちの自転車に乗って。 

夏休みの自由研究「職業探検隊」で羽鳥団地工場に石燈籠製作の見学に来てくれました。

20148136044.JPGのサムネイル画像

まずは、真壁の石屋の歴史から、伝統的工芸品真壁石燈籠の説明をしてから質疑応答、製作体験をして貰いました。

20148136647.JPG 20148136956.JPG

201481361535.JPG

20148136170.JPG

最後に、展示場に移動して実際の燈籠や石製品を説明して約2時間の授業を、終了しました。

201481364611.JPG 201481364720.JPG

小学生の頃からこういった授業を通じて地元の産業を知って貰うのも後継者育成につながると思います。

実際は、家が石材業をしていても、石の加工等を見ている子供たちが多くないようですので・・・。

石材に限ったことではなく地元の産業等を、真壁小学校では、授業の一環として積極的に取り入れてくれて貰っていて有り難い事です。

 

 

蛇の抜け殻

羽鳥団地工場の土止め石垣の間に蛇(青大将)が、ずいぶん前から住んでいるのですが、しばらく見ていないと思っていたら、久しぶりに抜け殻を見つけました。

201489114823.JPG

石の隙間にあったものを見つけて舟形石の上に移動して、写真を撮りました。

これが、頭の先(目の玉の薄皮)から尻尾まで完全なままの抜け殻でした。

 

201489115341.JPG 201489115434.JPG

201489115633.JPG 201489115710.JPG

測ってみると長さが五尺三寸(161cm)有りましたので、脱皮した後の蛇は五尺五~六寸(約170cm)位有るかもしれません。

子供の頃から抜け殻なんかは、当たり前に見て来ましたが、こんなに完全な物は初めてです。

 

 

野仏と山百合

羽鳥団地工場の事務所の前に展示をしています、野仏(薬師三尊像 中心に薬師如来、両脇に日光・月光菩薩)のちょうど上に山百合が開花しました。

20147306205.JPG

20147306217.JPG

昨日14日の夕方はまだ蕾でしたので、夜の間にパカッと開くのでしょうか?

まるで、仏さまの上に献花するように咲きました。

ちなみに桜川市の花は、ヤマユリです。