2016年11月

平成二十八年、全国伝統的工芸品大会 福井大会

毎年十一月は、伝統的工芸品月間となっています、平成二十八年、今年の伝統的工芸品全国大会は、福井県鯖江市で開催されました。

201727163226.JPG 201727163355.JPG

正式な名称は、第33回伝統的工芸品月間国民会議全国大会福井大会と言うものです。

11月24日が、全国伝統的工芸品の式典と伝統工芸士大会。

20172716431.JPG 201727164358.JPG

25日~27日の3日間がサンドーム福井を会場にして伝統工芸品展・作品展・ふれあい広場などの催事でした。

20172716466.JPG 201727164728.JPG

201729115449.JPG 201729115550.JPG

もちろん、真壁石燈籠伝統工芸士会も参加しました、石材等の重量物の宿命ですが、運送の問題でほとんどが自社搬入になりますのでトラックで行ける限りは自分たちで運ぶ事になります。今回、福井県鯖江市までは、真壁からちょうど600㎞、約8時間と言う所でした。

201729134730.JPG 201729134837.JPG

201729135043.JPG 201729135129.JPG

上の写真は、左が 京都石工品 岡崎石製品の工芸士会の出展です。

工芸品展開催中は、地元の高校生の書道パフォーマンスや十二単の着付け実演、色々なシンポジュウム等イベントも催されていました。

201729141048.JPG 201729141354.JPG

201729141513.JPG 201729141732.JPG

さすが越前福井県だけあって、越前ガニのカニ汁のサービス等も有りブランドの力を感じて来ました。

2017291437.JPG 20172914356.JPG

20172914458.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真壁小学校 職業フォーラム授業

平成28年11月4日 真壁小学校で今年も職業フォーラム授業の講師をさせてもらいました。

この授業は、児童の皆が色々な職業を体験することで将来の自分がなりたいものを見つけてもらおうという趣旨で始まったものです。

201725202141.JPG 201725202244.JPG

20172520260.JPG 201725202712.JPG

子どもたちの質問にも、なるべく真壁弁を使って石屋になった事や石を扱う事の大変な事や、楽しさやりがいなどを話ししながら、やっぱり実際に道具を使って石を叩いたり割ったりして貰いました

201725204048.JPG 201725204151.JPG

201725204343.JPG 201725204457.JPG

今回は、ストーンフェスティバルの期間中と重なりちょっと忙しい思いをしましたが、将来の後継者になる子が出てくる様に石の魅力・楽しさを伝えられたかと思います。

201725205251.JPG 201725205345.JPG

201725205457.JPG 201725205530.JPG

地場産業の石屋だけでは無く、声優さんや美容師、和菓子職人さん自衛隊、警察官、消防士の方々・ロードレーサーや引っ越し屋さん等色々な職業の方が講師になりました。

これからもこの取り組みには、協力した行きたいと思います。

 

いばらきストーンフェスティバル 2016

今年も、11月3日~6日の4日間 「笠間芸術の森公園」イベント広場で

恒例のいばらきストーンフェスティバル2016を開催しました。

 201727133117.JPGのサムネイル画像 20172713331.JPG

今年は、3日4日がストーンフェスティバル単独開催 5日6日はJA祭り・技能際・キッズマイスター講座等との共催になりましたが、ストーンフェスティバル単独の開催で行った2日間でも沢山のお客様が、石を目当てにお越しいただけました。

201727133937.JPG 201727134346.JPG

加藤石材の小間も色々工夫をして、庭園風に飾っています。何もない芝生の広場から飾りつけしていきます。

201727134715.JPG 201727134751.JPG

20172713494.JPG 201727134950.JPG

20172713517.JPG 201727135234.JPG

毎年、継続していくことが一番のPRになりますので、これからも伝統的工芸品真壁石燈籠を宜しくお願いします。