展示会

水戸京成百貨店「日本のモノづくり展」

令和に元号が変わってそろそろ1ヶ月が経とうかと云う5月23日~28日に

水戸京成百貨店で開催される「日本のモノづくり展」に急きょ出展する事になり

搬入日を含めて1週間行ってきました。

「日本のモノづくり展」の題字は 例の あさげ・ゆうげ の題字を書いた豊口氏によるものです。

ぎりぎりの日程での出展依頼でしたので展示広告やチラシには載りませんでした、広い展示スペースでは無かったのですが百貨店様と企画者様の計らいでエスカレーター前と会場内の2か所に展示をさせて頂きました。

今回は、燈籠を置燈籠を主体に野仏などの彫刻類で趣向を変えて展示して見ました。

エスカレーターを降りたら目の前に面白そうな小さい庭が表れてお客様にも好評でした。

上の写真は、出展者のごく一部ですが、全国各地より素晴らしいモノが集結して勉強にもなります。

まだ今回で3回目だそうですが、長く続けて頂き、また出展の依頼が有れば是非参加したいものです。

 

笠間陶炎祭(ひまつり)

平成31年4月29日~令和元年5月5日

ゴールデンウイーク10連休の真っただ中の1週間

笠間の陶炎祭が開催されました、今年で第38回目を迎えたそうです。

今年も、沢山のお客様で賑わっていました、特に初日は朝8:00には駐車場が満車になるほどの大盛況でした。

真壁石燈籠伝統工芸士会も毎年、協力出展させて頂いて貰っています。

好評の抹茶碗展会場にも展示をして、お客様にも高評価を頂いたそうです。

入り口には、鉢灯りと燈籠で良い雰囲気が出ていました。

笠間焼協同組合様には、毎年良い機会を頂いて感謝しています。

新潟三越「全国職人工芸展」

去年に引き続いて、3月20日~25日の6日間

新潟三越で開催された「全国職人工芸展」に、寺西石材(株)の寺西俊雄さんと二人で出展を致しました。

会場、出展ブースとも去年と同じ所で、一度経験をしていますので かなりやりやすかったです。

他の出展者の方々も去年 顔馴染みになった方や初めてお会いした方で良い刺激になりました。

特に、お隣の書の方は、永谷園の(あさげ・ゆうげ)や日本盛等のパッケージロゴを書いた有名な書家の先生でびっくりでした。

今回は、残念ながらあまり売り上げにはならなかったのですが、素敵な出会いや去年お世話になったお客様といろいろ交流が出来たり 自分の見聞が広まったりしましたから、良しとします。

 

 

いばらきストーンフェスティバル2018

毎年恒例の「いばらきストーンフェスティバル2018」が笠間芸術の森公園で秋晴れの中開催されました。

      今年のフェスティバルは開催期間中、快晴に恵まれて沢山のお客様に来場頂きました。

        今回、真壁石燈籠の石屋さんも小間割の関係上 ばらばらの出展ブースになってしまいました。

              加藤石材の出展風景です、たまには人間も映らせて貰いました。

 

       石割り・石積みや、伝統工芸士会のノミ切りでのカエル製作などの実演も行いお客様には、石の加工の難しさなどを実感して貰えたと思います。

石材業界もいろいろ厳しいですが、これからもどんどん石の良さを発信していきます。

 

 

 

 

 

 

新潟三越「全国職人工芸展」

前回の水戸京成百貨店「全国職人芸展」に続いて

新潟三越で開催された「全国職人工芸展」に参加して来ました。

こちらも初参加と言うより、新潟県での展示会が初めてです。

百貨店さんの方でも石燈籠は初めてと言う事で広告や館内の告知等で力を入れて宣伝してくれました。

展示スペースもいい感じに分かりやすくレイアウト出来ました。

今回も 寺西石材(株)の寺西俊雄さんにも協力してもらい大変助かりました。

 

 

上の写真のプレートは新潟市のシンボルと言って良い国の重要文化財に指定されている            「萬代橋」の笠石をスライスしたものに図柄を彫刻して、記念プレートにしたものです。              この萬代橋に使用されている石材はすべて 寺西石材(株)の真壁中目石(多喜石)製だそうです。    勉強不足で初めて知りました。  

今回、新潟まで来ましたが、新しい情報や職人さん達 特に、良い石製品を探していたのだがなかなか見つからなかったけれど、良いものを見られたと言うお客様が何人かおられました、実りのある催事に参加させて貰い有意義な一週間でした。

 

水戸京成百貨店「全国職人芸展」

水戸京成百貨店で開催された「全国職人芸展」に参加させて貰いました。

全国から職人さん達が集まりましたが、なんとなく地元茨城県代表みたいな雰囲気になりました。

 

真壁石燈籠・加藤石材は今回初参加でしたが、小間スペースをかなり大きく取ってもらい、なかなか空間を有効に使っての展示に苦労しました。

2日目からは、会場入り口のエスカレーター降り口の見付けに特別に展示コーナーを設けて貰い 坪庭風に作って見ました。

今回、真壁中目石(多喜石)の採掘元でもある 「寺西石材(株)」にも百貨店での催事を経験したいとの事でしたので、協力して頂きました。

茨城県の方は、地元に沢山 石屋さんが有りますので、百貨店で石を購入すると言うのはなかなか難しいと思いますが、これからも機会が有れば参加して見ようかと思っています。 

全国伝統的工芸品月間 東京大会

毎年11月に行われている 伝統的工芸品月間 全国大会が東京を会場にして開催されました。

東京での全国大会は初だそうです。

全国伝統工芸士大会は、池袋のホテルメトロポリタンで行われました。、

式典には、小池東京都知事や伊吹元文科大臣なども出席しました。

翌日からは、東京国際フォーラムを会場にしての「全国伝統的工芸品展」が開催されました。

石燈籠・石工品部門は、重量の関係で入口のエントランスに 真壁石燈籠 京石工品 の二産地で展示をしました。

さすがに東京駅、丸の内からほど近い会場ですので 伝統的工芸品の良いPRが出来たと思います。

いばらきストーンフェスティバル2017

毎年恒例の茨城の石屋のお祭り「いばらきストーンフェスティバル2017」を笠間芸術の森公園で開催しました。

秋晴れの中 沢山のお客さんがお越しになりました。

伝統工芸士会の実演「石のカエル製作」や体験コーナーなど催し物も盛り沢山でお客さんにも喜んでもらえたかなと思います。

墓石屋さんの出展が多い中 真壁石燈籠 も頑張っています!

近くて便利「いばらき・とちぎ・ぐんま展」

池袋のサンシャインシティーワールドインポートマートビルで開催された北関東3県の観光イベント

「近くて便利、いばらき・とちぎ・ぐんま展」に真壁石燈籠代表として出展して来ました。

各県のゆるキャラ達や観光大使の綺麗なお姉さん達など盛大に開催されました。

新茨城県知事になられた、大井川知事も開会セレモニーに出席して場を盛り上げていました。

 

今回、第1回目でしたので、毎年続けて開催して貰いたいものです。

大和の石まつり

6月3日・4日 「大和(まほろば)の石まつり」を晴天の中開催しました

真壁石燈籠伝統工芸士会も石工技能士会とともに参加しました。

 

今年は、2日間の開催日となりましたが、イバライガーショーや、しらとり太鼓などの催し物も有り、にぎやかに終わることが出来ました。