2020年11月

高桐院形燈籠・三光形燈籠

筑西市のM様宅の庭園に「高桐院形」「三光形」の燈籠の据え付けをしました。

高桐院形(こうとういんがた)は、京都の大徳寺高桐院に在り、細川三斉公の墓標になっている名物燈籠が本歌(オリジナル)です、三光形(さんこうがた)はこれも京都の桂離宮笑意軒船着きに 本歌(オリジナル)が在ります、変わった形の置き燈籠ですが、日・月・側面に星を表した火口から三光形と呼ばれます。

奥の層塔は20年くらい前に、ご依頼頂き設置した物です。

一緒に一石彫五輪塔も据え付けさせて頂きました。

有り難う御座いました。

池袋西武「くらしのギフト」POP UPショップ出展

西武百貨店池袋本店の7階「くらしのギフト」POP UPショップに出展しました。

本当は6月中旬頃を予定していたのですが、新型コロナウイルスの影響を考えて11月になってしまいました 今回が2回目の出展になります。

ギフトのコーナーという性質上、燈籠よりも手で持ち運べるような彫刻類がメインになってしまいます。

1週間の期間でしたが、今回はお隣に荒川区の無形文化財に指定されている「鍛金職人」の長澤製作所さんが一緒でしたので、1人でアテンドしているよりも何かと気が紛れて助かりました

それに、実演もされていましたので 石と金属の違いは有れ同じに材料を叩くと言う作業ですのでかなり興味深く見させて貰いました。

お歳暮商戦の時期と重なり成績はいまいちでしたが またお声が掛かれば出展して「石の街真壁」を広めていきたいと思っています。

常陸国総社宮「園遊会」の真壁石燈籠を展示

石岡市に在ります「常陸国総社宮」(ひたちのくにそうしゃぐう)で開催された

「園遊会」に茨城県伝統工芸品に指定されている工芸品の方々と共に、「真壁石燈籠」を展示しました。

この催は、「菊まつり」と同時に茨城県の工芸を広く知って頂こうと総社宮様からのお誘いで実現しました。

写真が少なくてすいません、石燈籠は社務所前に坪庭風に設置したものと神楽殿前に設置しました

この時期十一月は七五三の最盛期で大勢の参拝の皆さんがお越しになっていました。

茨城県の伝統工芸品の方々の作品と「真壁石燈籠」を多くの方に目にして頂け

手仕事の良さをPR出来た事と思います。