その他

棗(なつめ)形水鉢製作

先日、棗形水鉢の高さ三尺(約1m)の製作依頼が有りました。

そこで、親方が取り掛かる事になりましたのでその作業風景をお知らせします。

三尺物と言うと写真の通りかなりの大きさです、これをノミ切り作業で形作っていきます。

石は、真壁石で結構硬い石です。

 

棗形のようなシンプルな形の水鉢は、かえって全体のバランスが重要になるため難しく永年の感覚で恰好をビシャンで整えて行きます。

最後に水穴を仕上げて完成させました。

昭和15年1月20日生まれ 78歳、年齢的にはかなりのハードな作業だったと思いますが、まだまだ現役 少なくとも80歳位までは活躍してくれるでしょう!

 

 

桃山学園 ふるさと真壁探検隊

今年度からスタートした 小中一貫校 桃山学園ですが。

旧真壁小学校から続いています、夏休みの自由学習「ふるさと真壁探検隊」で石燈籠の勉強に7名の子供たちが先日の8年生に引き続きやってきてくれました。

引率の先生と共に、真壁石の歴史から加工道具の説明や伝統的工芸品真壁石燈籠の説明を経て実際に石材を叩いたり、削ったりしながら 手仕事の大変さなどを体験してもらいました。

最初の頃は、初めて使う道具ですので恐る恐る使っていますが、少しの時間で楽しそうに石を削ったり叩いたりするようになり嬉しく感心して見ています。          

最後に実際の燈籠の説明をして解散しました。                                      この間の8年生に続き将来、石材業に携わる様な選択が出来るように我々がもっと精進して真壁の石屋を残していかなければなりません。                                  

桃山学園8年生 職場体験授業

今年度より、桃山中学校・真壁小学校・椎尾小学校が統合されて

小中一貫校の「桃山学園」が誕生しました。

その授業の一部として、夏休みに 職場体験授業に 8年生(旧中学2年生)の2名が石材業の勉強に朝から来てくれました。

まず、午前中は真壁石の採掘元の寺西石材(株)の採石場で石材の切り出し作業から体験してもらいました。

まずは、学校の校舎よりも大きな石の壁に圧倒されていました、次に、実際に石を割る作業をたいけんしています。

次に、山で切り出した石材を切断したり研磨したり加工の見学に向かいました。

午後の部は、加藤石材で真壁石の歴史や、伝統的工芸品真壁石燈籠の説明や道具を使って石の加工を体験してもらいました。

途中からは、先生も参加しての加工体験です。

最後に石工房に移動して実際の燈籠製作を見学して解散です。

8年生(中学2年生)となれば、将来の進路を考える時だと思います、色々な選択肢の中で石材業という選択も頭の隅に置いていてもらって良い後継者が出来ればと願うばかりです。

今回、寺西石材さんの協力のもと有意義な体験が出来たのではないでしょうか。

那珂市街並み視察

10月26日 那珂市の街並み視察団の皆さんが、国の重要伝統建造物地区に指定されている桜川市真壁町に視察にいらっしゃいました。

街並み視察と地場産業である伝統的工芸品真壁石燈籠製作や小田部梵鐘さんも見学に立ち寄りました。

石燈籠の歴史や真壁石燈籠がなぜ国指定伝統的工芸品に指定されたのか等の説明をして、石を叩くところを見学してもらいました。

 

真夏の様子 キジの散歩

夏の日の、ある朝の様子です。

数年前から雉のつがいが工場裏の藪に巣を作っていましたが。

この頃、作業場の方にも出てくるようになりました。

近づきすぎるとさすがに逃げてしまうので、今年はちょっと写真がぶれてしまいました。

真壁小学校 ふるさと真壁探検隊

7月28日 真壁小学校で毎年実施されている総合学習

「ふるさと真壁探検隊」の子供たちが、夏休みの午前中に来てくれました。

 

今回は、珍しく2名の女の子も参加して、目をキラキラさせて 石を叩いたり、割ったりしていました。

 

 

最後に展示場で石燈籠の説明を受けて解散しました。  来年度からは真壁小学校・椎尾小学校・桃山中学校合併による一貫校 桃山学園になってしまうので。真壁小学校としては最後の職業探検隊になります。

春の便り

平成29年3月3日 「真壁のひな祭り」も今日で最終日です。

加藤石材の庭の枝垂れ梅が満開になりました。

201731293354.JPG 201731293447.JPG

石垣下のロウバイもちょっとずつ咲きはじめ、朝の内はまだ、霜柱が立つ日もあるというのに、気が付くとフキノトウが顔を出し始めていました。

201731293846.JPG 201731293937.JPG

201731294022.JPG 201731294054.JPG

だんだん暖かくなって来るのは、何だか嬉しいものです。

もうすぐ うぐいす の初鳴きも聞こえてくる事でしょう。

平成二十九年仕事始め

新年明けましておめでとう御座います。

皆様にとって幸多き年になりますようご祈念致しております。

一月五日、加藤石材恒例の仕事始めを行いました。

201729151615.JPG 201729151711.JPG

20172915193.JPG

原石にノミ切りで、当たり矢・三・五・七のスジ彫りをして、ノミ・石鎚・墨さし・差し金等の道具を並べて、お米・鰹節塩・お酒をお供えして今年一年の安全と商売繁盛を石神様にお願いします。

201729152656.JPG 201729152743.JPG

正月、何にもしないでいた体は、結構筋力が落ちていて、これだけのノミ切り作業でも腕が効いて来ます。

201729153352.JPG

    今年も、宜しくお願い申し上げます。

 

年末に白鳩

平成28年も残り3日となった12月29日、明日で仕事納めと言っても実質は、今日で終わり、明日は工場の大掃除で今年の決まりが付くという午後に事務所の屋根に1羽の白い鳩が止まっていました。

201729143623.JPG 20172914370.JPG

羽鳥団地は、山の中ですからキジバト・山鳩は珍しくありませんが、どこから来たのか白い鳩は初めてです。

平和の象徴と言われている白い鳩ですから、来年は世の中が穏やかで加藤石材にも何か良いことが有ればいいなと願いました。

ちなみに、29日は私、幸彦の誕生日でもあります、50歳になってしまいました。

 

真壁小学校 職業フォーラム授業

平成28年11月4日 真壁小学校で今年も職業フォーラム授業の講師をさせてもらいました。

この授業は、児童の皆が色々な職業を体験することで将来の自分がなりたいものを見つけてもらおうという趣旨で始まったものです。

201725202141.JPG 201725202244.JPG

20172520260.JPG 201725202712.JPG

子どもたちの質問にも、なるべく真壁弁を使って石屋になった事や石を扱う事の大変な事や、楽しさやりがいなどを話ししながら、やっぱり実際に道具を使って石を叩いたり割ったりして貰いました

201725204048.JPG 201725204151.JPG

201725204343.JPG 201725204457.JPG

今回は、ストーンフェスティバルの期間中と重なりちょっと忙しい思いをしましたが、将来の後継者になる子が出てくる様に石の魅力・楽しさを伝えられたかと思います。

201725205251.JPG 201725205345.JPG

201725205457.JPG 201725205530.JPG

地場産業の石屋だけでは無く、声優さんや美容師、和菓子職人さん自衛隊、警察官、消防士の方々・ロードレーサーや引っ越し屋さん等色々な職業の方が講師になりました。

これからもこの取り組みには、協力した行きたいと思います。