展示会

令和三年 伝統的工芸品月間全国大会 

毎年11月は伝統的工芸品月間となっています。

それに併せて全国の伝統工芸士が一同に会する大会が、今年は愛知県で開催されました。

26日に名古屋市内の「ウィルあいち」での国民会議・伝統工芸士大会の式典が行われ

功労者表彰等の式典に続き全国伝統工芸士大会の開催

式典も無事に終了してから、27・28・29日の3日間 常滑市の愛知県国際展示場でのくらしの工芸品展等の催事に参加しました。

参加者は、根本石材店 根本さん、岩淵産業 岩淵さん と私の3名です。

この会場は、愛知国際空港セントレアからほぼ直結している会場で連絡通路や電車(名鉄)の車内にも告知の広告が沢山有りました。

KOUGEI EXPO in AICHI  は、4つのカテゴリーに分かれ全国の伝統的工芸品・愛知県の伝統的工芸品・実演制作体験・作品展と1日居ても飽きないようなものになっていました。

午前10時に開場なのですが、沢山のお客さんが時間前からお越し頂いて驚いてしまいました。

真壁石燈籠の展示です。

愛知県と言えば我々石工の仲間「岡崎石工品」も地元開催と言う事でとても良い展示をしていました。

期間中は、イベントステージでは、地元出身の噺家さんやSKE48のお嬢さん他タレントさんのトークショーや色々な催しが有り 私たちも楽しませて貰いました。

また、京石工芸品の皆さんや岡崎石工品の皆さんと久しぶりに交流が出来、有意義な3日間でした。

来年は、秋田県での開催だそうです。