2018年09月

茨城県伝統工芸品・伝統工芸士が制定されました。

報告が遅くなりましたが、平成29年7月24日 に茨城県でも 県指定の伝統工芸品・伝統工芸士が制定されました。

従来では、「茨城県郷土工芸品」の名称で有ったものからの変更及び、個人にも資格を認定したものです。

初年度は、県全体では28名の方々が認定され、真壁石燈籠は、国指定のため、自動的に認定されました。

加藤征一・根本忠さん・小原正さん・上野保さん・杉山宏さんの5名が茨城県伝統工芸士に認定されました。

また、毎年順次5名ずつの茨城県伝統工芸士が認定される予定です。