コンテンツ

岡倉天心記念館 六角堂前雪見燈籠復元

北茨城市五浦の岡倉天心記念館に在ります六角堂が、東日本大震災の津波により消失してしまいました。

その「六角堂再建事業」の際に、大正期の頃まで設置してあった雪見燈籠も復元しようという事になり

茨城県石材組合連合会より真壁石燈籠伝統工芸士会に依頼が有りました。

脚の製作

                      受の製作                                                   

火袋と笠の製作 火袋と笠は強度を保つため一つ石です。

宝珠の製作

 

燈籠の製作は陸の上で出来ますが、設置工事は潮の干満や天候に左右されながら海を越えて石を運ばなければいけませんのでかなりの難工事です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA