コンテンツ

観音像の御顔修復

千葉県御宿に在ります。

天台宗最明寺様からのご依頼で悪戯の為と思われる、来迎観音像のお顔の鼻の部分と光背の一部が欠損していたのですが、修復のご依頼を頂きました。

御鼻の部分を大体の形に石を削り接着してから整形し、光背は欠片を接着して修復します。

最明寺様は、鎌倉幕府第五代執権 北條時頼公が後に出家して最明寺殿と呼ばれていた事に由来するお寺様だそうです。