伝統工芸士 加藤さんの日記

蛇(青大将)の抜け殻を祀りました。

以前紹介しました、工場の石垣で見つけました蛇(青大将だと思います)の抜け殻が長い間そのまま事務所の隅に置きっぱなしにして有ったのですが、今年の正月にやっと額に入れて飾る事にしました。

20162198140.JPG 201621981439.JPG

201621955522.JPG

この額は、真壁の建具屋さんの上野木工所さんに特別に依頼をして作って貰いました。

上野木工所さんには、燈籠の火袋に入れる格子窓などもお願いしている、とても良い仕事をしてくれる建具屋さんです。

額の作りは、上野さんと色々打ち合わせをしまして、そのまま長さを見せた飾り方の方が良いだろうとなり、

思った通りの立派なものが出来あがりました。

20162196716.JPG

平成二十六年の巳年に採ってから長い間気になっていましたが、これで落ち着きました。

当時で、五尺四寸(約160cm)位有りましたから、今はもっと大きくなっているでしょう六尺(180cm)位有るかも知れないですね。

平成28年 仕事始め

  新年明けましておめでとう御座います。

昨年中は、色々とお世話になりました、今年も皆様のご健康とご多幸をご祈念申し上げます。

新年一月五日、加藤石材も恒例の仕事始めを行いました。

2016118103857.JPG

2016118103929.JPGのサムネイル画像

まずは、適度な大きさの石に、三.五.七 当たり矢をノミ切りし

道具・差し金・墨壺等を置き、鰹節・お米・塩・お酒をお供えして今年一年の無事をお願いします。

2016118105012.JPG

2016118105116.JPG 2016118105330.JPG

2016118105220.JPGのサムネイル画像 2016118105541.JPG

201611811039.JPG 201611811143.JPG

                今年も宜しくお願い致します!

 

 

 

 

 

十三仏の製作 御鈴置き台

十三仏製作も決まり、各仏様の前に据える御鈴を置く台の製作に取り掛かりました。

台と言うよりは、石の祠(ほこら)風にとの製作依頼です。

201617203154.JPG 201617203250.JPG

まず、一尺二~三寸角 高さ二尺位の原石を手作業で写真のように仕上げて、底になる部分と祠風になる上の部分に矢を掛けて二つに割り、上の部分をくり貫きます。

祠になるくり貫いた部分を綺麗に均して仕上がりです。

201617204730.JPG 201617204836.JPG

これは、主に親方に仕上げて貰いましたが、すべて手作業でしたのでかなり大変な作業だったと思います。

この中に蓮華文様を筋彫りで彫刻する予定です。

後は、十三仏の説明碑を製作してすべて完了しました。

201617205551.JPG 201617205649.JPG

20161721117.JPG

最後に、十三仏の説明がまだでしたので簡単に書いておきます。

十三仏は、江戸時代の頃に日本で考えられた冥界の審理に関わる十三の仏様で、

また十三回の追善供養(初七日~三十三回忌)を司る仏様です。

第一番   初七日    不動明王

第二番   二十七日   釈迦如来

第三番   三十七日   文殊菩薩

第四番   四十七日   普賢菩薩

第五番   五十七日   地蔵菩薩

第六番   六十七日   弥勒菩薩  

第七番   七十七日   薬師如来

第八番    百ヶ日     観音菩薩

第九番    一周忌     勢至菩薩

第十番    三回忌      阿弥陀如来

第十一番    七回忌      阿閦如来

第十二番    十三回忌     大日如来

第十三番    三十三回忌  虚空蔵菩薩

主に掛け軸にした絵を法要やその他の仏事の時に飾る事が多いようですが、

今回、有り難いご縁で一生に一度有るかどうかと言うような仕事をさせて頂きました。

有り難うございました。      合掌

    

 

 

 

 

十三仏の製作

約一年間に渡って製作して来ました十三仏もとうとう十三体すべて彫り上げる事が出来ました。

2016139332.JPG

2016139351.JPG 20161395744.JPG

      第十一番 阿閦(あしゅく)如来                                                 第十二番 大日如来

20161395958.JPG 

           第十三番 虚空蔵菩薩

製作風景を、少し載せておきます。

2016131054.JPG 20161310711.JPG 

20161310856.JPG 201613101037.JPG

201613101143.JPG 201613101236.JPG

20161310140.JPG 201613101514.JPG

これで十三体の仏様は彫り上がりましたがこれに台石を付けて 各仏様の前に御鈴を置く予定だそうですので御鈴台の製作が残っています。

すべて完成して、お納めするまでもうちょっとです。

 

 

真壁石燈籠の新製品(ひめとうろう)が切手になりました。

11月は、伝統的工芸品月間です、

真壁石燈籠の新製品「ひめとうろう・(こやしろ形)」が11月5日発行の伝統的工芸品シリーズの切手第4集に掲載されました。

2015122671.JPGのサムネイル画像 

201512261048.JPG

この切手シリーズは、第1集から発行されていますので宜しければお気に入りのものをお買い求め頂ければと思います。

他の産地の素晴らしい伝統的工芸品と一緒に載せて頂き有り難く思います。

 

 

 

 

いばらき ストーンフェスティバル2015

2015117165339.JPG 2015111054728.JPG

10月31日~11月3日の4日間 毎年恒例の いばらきストーンフェスティバル2015が開催されました。

31日と1日の土、日の2日間は、技能祭やJAふれあい祭りなどの4つのイベントと共催でしたが、後半の2日、3日はストーンフェスティバル単独での開催という初の試みでした。

あいにくと、2日の平日は天気が悪くてお客さんの足が遠のいてしまったみたいですが、3日は、お天気も良く沢山のお客さんとお話が出来ました。

20151110644.JPG 201511106552.JPG

20151110673.JPG 20151110683.JPG

今年は、出展業者がちょっと少なかったのですが、盛大に開催出来ました。 石屋単独での開催で、どれ位のお客さんがいらして貰えるかが問題でしたが、沢山足を運んでもらえて、何とか石屋だけでも出来るかな?という手応えをつかめた様な気がします。

十三仏の製作

十三仏製作の方も何とか進んでいます。

七番薬師如来 八番観音菩薩 九番勢至菩薩 十番阿弥陀如来 まで彫りあがりました。

201511155826.JPG 201511155926.JPG

         七番 薬師如来                         八番 観音菩薩

20151116549.JPG 20151116637.JPG

       九番 勢至菩薩                        十番 阿弥陀如来

余談ですが、勢至菩薩は午年私の守り本尊です。

201511282059.JPG

201511161235.JPG 201511161318.JPG

201511161510.JPG

最初の仏様を彫り始めた時は、半袖で汗をかきながら仕事をしていましたが、ハイネックのインナーに長袖を着て仕事をするようになってしまいました。   残り三体の仏様となりました、もうちょっと頑張ります。

 

十三仏の製作

しばらく他の仕事をしていて、なかなか十三仏の製作の方が思う様に進みませんでしたが何とか三体の仏様を彫りあげました。

201593062938.JPG

201593063233.JPG 201593063317.JPG 

四番 普賢菩薩  六牙の白像の上に乗っています        五番  地蔵菩薩です。

201593064047.JPG 201593064150.JPG

 六番 弥勒菩薩です。                    製作風景です。

201593064355.JPG 20159306456.JPG

201593065544.JPG 201593065628.JPG

まず、石に大体寸法で墨かけをして、切削機で切り込みを大まかに入れて後は、手作業で彫りあげて行きます。

また、進み具合で御報告いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真壁小学校 職業探検隊

7月30日、今年もこの日の最高気温が34・5℃の中、真壁小学校の夏休み自由研究 職業探検隊 で、子供たちが石燈籠製作の体験、見学に来てくれました。

まずは、羽鳥団地の工場(こうば)の方で 真壁石の歴史や伝統的工芸品・使う道具の説明から始まり、質疑応答と進めていき後は、実際に道具を使って石の加工を体験して貰いました。

20158265517.JPG 20158265539.JPG

2015826622.JPG 2015826636.JPG

この、道具を使って石を叩いたりノミで削ったりする作業体験が、当たり前のようですが、一番受けが良いようです。

201582661614.JPG 201582661741.JPG

201582662012.JPG

この後、展示場に移動して燈籠の種類や名前の説明をして、ちょうど親方が仕上げをしていたのでその作業を見学して終了しました。

201582662840.JPG 201582662957.JPG

20158266330.JPG 20158266348.JPG

石の町 真壁と言ってもなかなか子供達には石に接する機会があまり無いですので、(特に、手作業での加工風景などは)このような授業をどんどん企画して頂いて、将来,物造りの道に進んでくれる様な人が出て来て貰いたいものです。

 

 

 

 

 

万成石製の供養塔

先日、いつも色々と勉強させて貰っています 千葉県八千代市の正覺院様のご住職の御依頼で供養塔を製作、設置させて頂きました。

20158562442.JPG 20158562524.JPG

この供養塔は、もともとこの形が有るのか、ご住職のアイデアなのかは、私が勉強不足で分かりませんが独特の面白い姿です。

2015897137.JPG 今回は、ご住職から意匠に関して色々指定が有りました。

ちょっと写真では分かりずらいと思いますが、台座は八角、塔身は八角と言うより角を大面取りにして四仏を彫りその下に宝塔、大面の部分に三鈷杵、笠とその上に蓮華座、相輪を乗せる寄せ燈籠的な塔です。

岡山県産の銘石、万成石で製作してみました、石の色目も落ち着いた色で良い雰囲気に仕上がりました。

20158655822.JPG 20158655912.JPG

2015866020.JPG 20158971558.JPG

2015866329.JPG