伝統工芸士 加藤さんの日記

春の便り

平成29年3月3日 「真壁のひな祭り」も今日で最終日です。

加藤石材の庭の枝垂れ梅が満開になりました。

201731293354.JPG 201731293447.JPG

石垣下のロウバイもちょっとずつ咲きはじめ、朝の内はまだ、霜柱が立つ日もあるというのに、気が付くとフキノトウが顔を出し始めていました。

201731293846.JPG 201731293937.JPG

201731294022.JPG 201731294054.JPG

だんだん暖かくなって来るのは、何だか嬉しいものです。

もうすぐ うぐいす の初鳴きも聞こえてくる事でしょう。

平成二十九年仕事始め

新年明けましておめでとう御座います。

皆様にとって幸多き年になりますようご祈念致しております。

一月五日、加藤石材恒例の仕事始めを行いました。

201729151615.JPG 201729151711.JPG

20172915193.JPG

原石にノミ切りで、当たり矢・三・五・七のスジ彫りをして、ノミ・石鎚・墨さし・差し金等の道具を並べて、お米・鰹節塩・お酒をお供えして今年一年の安全と商売繁盛を石神様にお願いします。

201729152656.JPG 201729152743.JPG

正月、何にもしないでいた体は、結構筋力が落ちていて、これだけのノミ切り作業でも腕が効いて来ます。

201729153352.JPG

    今年も、宜しくお願い申し上げます。

 

年末に白鳩

平成28年も残り3日となった12月29日、明日で仕事納めと言っても実質は、今日で終わり、明日は工場の大掃除で今年の決まりが付くという午後に事務所の屋根に1羽の白い鳩が止まっていました。

201729143623.JPG 20172914370.JPG

羽鳥団地は、山の中ですからキジバト・山鳩は珍しくありませんが、どこから来たのか白い鳩は初めてです。

平和の象徴と言われている白い鳩ですから、来年は世の中が穏やかで加藤石材にも何か良いことが有ればいいなと願いました。

ちなみに、29日は私、幸彦の誕生日でもあります、50歳になってしまいました。

 

平成二十八年、全国伝統的工芸品大会 福井大会

毎年十一月は、伝統的工芸品月間となっています、平成二十八年、今年の伝統的工芸品全国大会は、福井県鯖江市で開催されました。

201727163226.JPG 201727163355.JPG

正式な名称は、第33回伝統的工芸品月間国民会議全国大会福井大会と言うものです。

11月24日が、全国伝統的工芸品の式典と伝統工芸士大会。

20172716431.JPG 201727164358.JPG

25日~27日の3日間がサンドーム福井を会場にして伝統工芸品展・作品展・ふれあい広場などの催事でした。

20172716466.JPG 201727164728.JPG

201729115449.JPG 201729115550.JPG

もちろん、真壁石燈籠伝統工芸士会も参加しました、石材等の重量物の宿命ですが、運送の問題でほとんどが自社搬入になりますのでトラックで行ける限りは自分たちで運ぶ事になります。今回、福井県鯖江市までは、真壁からちょうど600㎞、約8時間と言う所でした。

201729134730.JPG 201729134837.JPG

201729135043.JPG 201729135129.JPG

上の写真は、左が 京都石工品 岡崎石製品の工芸士会の出展です。

工芸品展開催中は、地元の高校生の書道パフォーマンスや十二単の着付け実演、色々なシンポジュウム等イベントも催されていました。

201729141048.JPG 201729141354.JPG

201729141513.JPG 201729141732.JPG

さすが越前福井県だけあって、越前ガニのカニ汁のサービス等も有りブランドの力を感じて来ました。

2017291437.JPG 20172914356.JPG

20172914458.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真壁小学校 職業フォーラム授業

平成28年11月4日 真壁小学校で今年も職業フォーラム授業の講師をさせてもらいました。

この授業は、児童の皆が色々な職業を体験することで将来の自分がなりたいものを見つけてもらおうという趣旨で始まったものです。

201725202141.JPG 201725202244.JPG

20172520260.JPG 201725202712.JPG

子どもたちの質問にも、なるべく真壁弁を使って石屋になった事や石を扱う事の大変な事や、楽しさやりがいなどを話ししながら、やっぱり実際に道具を使って石を叩いたり割ったりして貰いました

201725204048.JPG 201725204151.JPG

201725204343.JPG 201725204457.JPG

今回は、ストーンフェスティバルの期間中と重なりちょっと忙しい思いをしましたが、将来の後継者になる子が出てくる様に石の魅力・楽しさを伝えられたかと思います。

201725205251.JPG 201725205345.JPG

201725205457.JPG 201725205530.JPG

地場産業の石屋だけでは無く、声優さんや美容師、和菓子職人さん自衛隊、警察官、消防士の方々・ロードレーサーや引っ越し屋さん等色々な職業の方が講師になりました。

これからもこの取り組みには、協力した行きたいと思います。

 

いばらきストーンフェスティバル 2016

今年も、11月3日~6日の4日間 「笠間芸術の森公園」イベント広場で

恒例のいばらきストーンフェスティバル2016を開催しました。

 201727133117.JPGのサムネイル画像 20172713331.JPG

今年は、3日4日がストーンフェスティバル単独開催 5日6日はJA祭り・技能際・キッズマイスター講座等との共催になりましたが、ストーンフェスティバル単独の開催で行った2日間でも沢山のお客様が、石を目当てにお越しいただけました。

201727133937.JPG 201727134346.JPG

加藤石材の小間も色々工夫をして、庭園風に飾っています。何もない芝生の広場から飾りつけしていきます。

201727134715.JPG 201727134751.JPG

20172713494.JPG 201727134950.JPG

20172713517.JPG 201727135234.JPG

毎年、継続していくことが一番のPRになりますので、これからも伝統的工芸品真壁石燈籠を宜しくお願いします。

 

 

真壁小学校「ふるさと真壁探検隊」

8月5日 真壁小学校のフォーラム授業の一環で行われている

「ふるさと真壁探検隊」の6年生の子供たちが真壁の名産品である(石)について調査・体験に来てくれました。

ここ数年夏休みの期間に、来てくれますが、かなりの猛暑になり帰り道なども心配しますが

今年は、さほどでも無く、しかも午前中でしたので、良かったです。

20161018163915.JPG 20161018163948.JPG

まずは、真壁の石の歴史、国指定伝統的工芸品の話、使う道具の話などをして

実際に、道具を使って石を叩いて貰いました。

この作業が、当たり前ですが一番楽しい様です。

20161018164219.JPG 20161018164315.JPG

20161018164921.JPG 20161018164956.JPG

最後に石工房展示場に寄って燈籠を見学して、親方の仕事を生で見て貰いました。

やはり実際の作業は、迫力が違ったようで子どもたちも一層真剣に見つめていました。

2016102164410.JPG 2016102164514.JPG

 

 

 

 

 

 

 

平成28年度 大和(まほろば)の石まつり

6月3日(金)~5日(日)の3日間

桜川市役所大和庁舎前広場で恒例の「大和(まほろば)の石まつり」を開催しました。

20161018155818.JPG 20161018155849.JPG

20161018155940.JPG 2016101816036.JPG

この石まつりは、毎年4月の桜の時期に開催していたのですが、今回は、6月開催になりました。

開催時期が変わったので、お客さんが来てくれるか心配でしたが、天気も良く沢山のお客さんに来てもらえました。

意外と4月は、まだ肌寒い時も有るので、6月の暖かくなってからも良いかも知れません。

2016101816755.JPG 201610181693.JPG

20161018161040.JPG 20161018161133.JPG

色々な、催しも有り子供さんも楽しめると思います。

写真の他に動物ふれあいコーナーや乗馬(ポニー)体験、石彫体験、物産品販売などが有りました。

20161018161426.JPG 2016101816166.JPG

 

2016102163010.JPG 201610216323.JPG

来年も開催します、桜川の石を見に来てください。

 

 

 

笠間陶炎祭(ひまつり)

4月29日~5月5日のゴールデンウイークの1週間

毎年恒例の 笠間陶炎祭(ひまつり)に、真壁石燈籠伝統工芸士会も参加させて貰っています。


20161014161633.JPG 20161014161713.JPG

このイベントは、茨城県のゴールデンウイーク期間中の人出ナンバーワンで、約50万人の人が訪れるそうです。

私たちも会場に朝8:00位には、入るのですが、駐車場付近は早くも渋滞の列が出来るほどです。

20161014162351.JPG 20161014162510.JPG

20161014162642.JPG 20161014162818.JPG

今回は、11名の伝統工芸士の作品を展示しました、もちろん即売も兼ねています。

20161014165453.JPG 20161014165536.JPG

茨城県には、国指定の伝統的工芸品が 笠間焼・結城紬・真壁石燈籠の三産地が指定されており、三産地協力会と言う組織が有ります。

結城紬と真壁石燈籠も協力出展で毎年参加させて頂いています。

十三仏開眼法要

四月五日、東京 清瀬の円福寺様での十三仏の開眼法要に出席させて頂きました。

この十三仏像は、去年ご依頼を頂き製作し、(株)メモリアルアートの大野屋様が設計・施工をしたものです。

2016514111129.JPG 2016514111157.JPG

2016514111424.JPG 2016514111528.JPG

仏像開眼、除幕前の風景です。

この十三仏像は、写真の通り三重之塔と鐘楼の周りにお参りが出来るように設置されています。

2016514112112.JPG 2016514112219.JPG

2016514112353.JPG 201651411258.JPG

開眼法要の様子です、この後 石造一体一体を除幕して魂を入れて回り石像は、仏の像になりました。

2016514113643.JPG 2016514113732.JPG

2016514113843.JPG 201651411405.JPG

最後に、お寺の役員の皆さんや我々もお焼香をさせて頂き終了となりました。

円福寺のご住職様、先代の老住職様始め、(株)メモリアルアートの大野屋 齋藤様には、一生に一回有るかどうかの仕事をさせて頂きました。

有り難う御座いました。

石仏本体は、作品集の石仏、石造物のページのほうに載せてあります。